スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庄内緑地公園のロウバイ

 31, 2015 21:37
150125IMGP3895.jpg
” 甘い匂いに誘われて ”
PENTAX K-5IIs + TAMRON 90mm MACRO


庄内緑地のロウバイが見頃だというので、見に行って来ました。
実はロウバイという花を知ったのはカメラを始めてからなのですが、冬の貴重な被写体として要チェックですよね^^


150125IMGP3904.jpg
第一駐車場の近くに10本くらい(もうちょっとあったかな?)のソシンロウバイがあります。
桜のように花が密なわけではなく、離れて撮るといい絵になりにくいですね。


150125IMGP3891.jpg
青空を背景に。


150125IMGP3898.jpg
一輪のアップ。


150125IMGP3903.jpg
遠くから、一本の枝にピントを合わせてみました。
もうちょっと花がついているとよかったんですが、なかなかベストな枝ってないものです(笑)


冒頭にも書きましたが、桜と比べて花がまばらですので、引きの絵とか背景の作り方とかが難しいですね。
梅と同じような印象で、まだまだ僕には難易度が高い被写体だと感じました(^^;

庄内緑地はしょっちゅう行くところですので、できれば今シーズンにもう一度くらい撮ってみたいと思います。
スポンサーサイト
150117IMGP3672.jpg
” 鼓動 ”
PENTAX K-5IIs + SIGMA 18-250mm


先週末、またまた四日市コンビナートに行って来ました。今回は霞ヶ浦緑地公園からの夜明け風景です。
この日はあまり天気はよくなかったのですが、雲があったほうが朝焼けが期待できるかと思い挑戦してみました。

が、結局、上空は晴れて東の空はどんより、という感じで朝焼けはナシ(^^;
ドラマチックな空と工場のコラボは次回にお預けです。


150117IMGP3572.jpg
四日市ドームの裏側から、定番カット。


150117IMGP3579.jpg
明るくなって来ましたが、ご覧の空模様。
いい空に巡りあうのは難しいですね・・・


150117IMGP3582.jpg
保税タンクのアップ。


150117IMGP3606.jpg
モクモクと立ち昇る水蒸気が力強さを感じさせます。


150117IMGP3619.jpg
夜が明けると、ものすごい数の鳥が北から南へと移動して行きました。
昨年に訪れた時も同じ光景に出会いましたので、毎日の日課なのでしょうか・・・?


150117IMGP3649.jpg
工場と朝日をバックに。


150117IMGP3660.jpg
水面近くにも。


150117IMGP3669.jpg
霞ヶ浦地区の全景です。この画角だと、夜景よりも夜明け風景のほうが映えますね。


空の表情はイマイチでしたが、朝日が顔を出してくれてよかったです^^
今度は塩浜地区の夕景を撮ってみたいですが、家族のお許しが出るかどうか(笑)

ご近所風景:冬の公園

 21, 2015 22:59
1501183.jpg
” ゆらゆら階段 ”
PENTAX K-5IIs + TAMRON 90mm MACRO


秋の花が終わった頃から近所の公園にカメラを持っていくことが減っていたのですが、この日は久しぶりにタムキューを装備して子供と一緒に散歩に出かけました。

冬の公園は華やかではありませんが、そのぶん、被写体を見つける目を養う訓練になりますね。
太陽が低くて雰囲気のある光の当たり方になるのもいいです。


1501181.jpg
ハボタン。


1501182.jpg
二度と取り出せなさそうなテニスボール(笑)
どうやってはまり込んだのでしょうか・・・?


1501184.jpg
遊具の影。子供のシルエットを狙ったのですが、いいポーズをしてくれませんでした(^^;


1501185.jpg
別の場所の遊具。


なかなか外に出るのが億劫な季節ですが、子供がムリヤリ連れ出してくれるおかげで練習になります(笑)

名港西大橋の夜明け

 20, 2015 23:21
1501125.jpg
” symmetry ”
PENTAX K-5IIs + SIGMA 18-250mm


この日の朝練は、名港西大橋のふもとに夜明け撮りに行きました。
名港トリトンと言えば潮見埠頭から見た中央大橋がメジャーだと思いますが、そちらは西を向いて撮ることになりますので、朝練時間帯にはちょっと不向き。
東向きに撮影できる西大橋にやってきました。

ここもカメラを初めてすぐに一度来たことがあります。その時とは違った空の表情を見られたら、と思っていたのですが、前回と同じくピーカンで、結局あまり代わり映えしない絵に(^^;
朝焼けと絡めた写真は、またの機会にお預けです。


1501121.jpg
運河を渡る橋から。ここから見ると、中央大橋、東大橋と合わせて「A」がいっぱい。


1501122.jpg
新日鐵住金の高炉が見えます。


1501124.jpg
ライトアップの美しさは中央大橋の圧勝ですが、朝日を受けて輝く姿は西大橋が一番カッコいいと思います。


1501123.jpg
アップにするとスケールの大きさを感じます。


1501126.jpg
埠頭のクレーンたち。


1501127.jpg
この日は空気が澄んでいて、名古屋駅の高層ビル群もはっきり見えました。


1501128.jpg
なぜが水鳥たちが大騒ぎ。


1501129.jpg
入港してきた船をパチリ。


1年前よりはうまく切り取れるかと思っていましたが、結局定番カットになりますね(^^;
橋以外の写真の方が気に入ってたりします(笑)
150110IMGP3415-1.jpg
” twilight ”
PENTAX K-5IIs + TAMRON 90mm MACRO


先週末、家族にお許しをもらって四日市コンビナートの夕景を撮りに行って来ました。
四日市ポートビルの14階展望室「うみてらす14」からの夜景はとても有名ですが、朝練活動時間帯にはもちろん営業していませんのでなかなか行く機会がなく、念願の訪問です。

夕方5時頃に到着すると既にたくさんのカメラマンがいらっしゃって、ベストポジションである南西側の窓はいっぱい。
南東側の窓から撮影することにしました。
ちなみに南東側はガラスとかなり角度がつくので映り込み対策がちょっとやりにくいですが、十分に撮影できます。


150110IMGP3397-1.jpg
冒頭の写真と同じアングルで、到着したときはこんな感じ。このくらい明るいときの風景もいいですね。
夕焼けとのコラボを狙っていたのですが、厚い雲に阻まれて断念。


150110IMGP3400-1.jpg
望遠で切り取ってもカッコいいです^^


150110IMGP3417.jpg
東側の風景。明かりは少ないですが、なかなかシブいです。


150110IMGP3437.jpg
真っ暗になりました。ちょっと海の色が見えているくらいの時が一番きれいですかね。


150110IMGP3442.jpg
複雑な造形がたまりません(笑)


これで、四日市コンビナートの有名スポットはひと通り訪れることができ、満足しました^^
冬は夜明け前に朝練ができますので、これからもちょくちょく四日市に行きたいと思います。

公園スナップ

 13, 2015 23:16
1501043.jpg
” 守りたいもの ”
PENTAX K-5IIs + SIGMA 18-250mm


先週末、子供を連れて車で10分ほどのところにある公園に行きました。
「何気ない日常を印象的に切り取る」というのに憧れているのですが、これがまた、何をどうすればいいのか訳がわからん(汗)
ふと心が動いたものにレンズを向ければいい・・・なーんて、言ってみたいものです(笑)

冒頭の写真は娘の手をアップにしたもので、これまで子供を撮ると言えば顔の表情ばかりを気にしていましたが、こういうアプローチもありだな、と思った1枚です。


1501042.jpg
ロング滑り台の入り口。よくあるローラー滑り台と違い、木製でとてもよく滑る高速スライダーです。子供だけじゃなく大人も夢中(笑)


1501041.jpg
真っ赤な色合いが目を引いた滑り台の一部ですが、こういうのがうまく切り取れませんね。
滑り台を降りたところに子供たちが写っていたらいい感じになったかも?


1501044.jpg
警戒態勢の野良猫。


1501045.jpg
シロサギ飛翔。もはやスナップとは言えない気がしますが(^^;


まあ、一朝一夕にはいきませんよね。
気楽に頑張ります(笑)

木曽川橋梁風景

 12, 2015 18:21
150104IMGP3245-2.jpg
” heaven's bridge ”
PENTAX K-5IIs + SIGMA 18-250mm


年明け最初の朝練は木曽川の橋梁風景を撮りに行きました。
ここは東名阪自動車道で木曽川を渡るときに見えるのですが、逆光の中だと光の海に伸びる架け橋のように見えてとても美しく(脇見運転注意!)、何とか写真に収められないかと挑戦してみました。

朝練の時間帯だと逆光ではなく横からの光になりますが、露出オーバーで撮るとそれっぽくなるのでは? と思って撮ったのが冒頭の写真です。
光の海、というイメージは再現できませんでしたが、夜明けのオレンジ色がWBの加減でパステル調になって、これはこれで面白い仕上がりになりました(^^)


150104IMGP3254.jpg
広角、スローシャッターで。水面のゆらぎが消えて、より幻想的に。


150104IMGP3285.jpg
ここは、JR、近鉄、国道1号線の3つの橋梁が並行しています。真下から撮ってみましたが、うまく切り取れないです(笑)


150104IMGP3307-1.jpg
仲良しのキンクロハジロ。


150104IMGP3320.jpg
通過するJRをシルエットで。


見たままではなく、イメージを再現しようという意図で写真を撮ったのは初めてでしたが、なかなか面白い経験になりました。また、他の場所でもやってみたいと思います(^^)

生まれ故郷は雪化粧

 10, 2015 21:16
1501023.jpg
” 銀世界 ”
PENTAX K-5IIs + SIGMA 18-250mm


大晦日から2日にかけて、京都府の実家に帰省していました。
元旦の午後に降り始めた雪は、ニュースでも出ていましたが、京都では久しぶりの大雪に。うちの実家は京都府でも南のほうなので京都市内ほどの積雪はありませんでしたが、子どもが大喜びするのには十分な量。
お散歩がてら、少しだけ写真を撮ってみました。


1501025.jpg
実家の玄関先のナンテン。


1501024.jpg
雪の下からこんにちは。


1501022.jpg
何かの実がたくさんなっています。
・・・柿でしょうか??


1501021.jpg
青空と雪と足あと。


毎年、元旦には親戚一同が集まって宴会をします。
僕が生まれる前から続いている行事ですが、何十年と立つうちに亡くなる親戚もいれば新しい家族も増え、メンバーも移り変わってきました。
なかなか帰る機会も少ない故郷ですが、これからも大切にしていきたいと思います。

木曽川のコハクチョウ

 06, 2015 23:37
1412281.jpg
” 長旅お疲れさま ”
PENTAX K-5IIs + SIGMA 18-250mm


川霧の撮影ポイントで「笠松にコハクチョウが来てるよ」と教えてもらったので、帰り道に寄ってみました。
詳しい場所までは聞けなかったのですが、インターネットの情報からだいたいの当たりをつけて探してみると、結構あっさり発見!

すぐ近くまで近寄ることもできたのですが、先客の方が何人かいらしたため、白鳥を驚かせて飛んでいってしまってはニラまれるどころではすまない気がして、ちょっと離れて撮影しました(^^;
(なので、冒頭の写真は思い切ってトリミングしています)

まあ、白鳥さんたちは警戒心ゼロな感じでしたけど(笑)


1412284.jpg
リラックスしています(笑)
写真には少ししか写っていませんが、実際は数十羽の群れでした。


1412282.jpg
250mmノートリミングでこのくらい。水際ギリギリまで行けばもっと寄れそうです。


1412283.jpg
正面から見た顔は愛嬌があります。


1412285.jpg
バサバサっと。


この日は少しだけ撮って帰りましたが、夕焼けと絡めるなどすればまた違った雰囲気で撮れそうです。もし機会があればまた行ってみたいと思います。

木曽川の燃える川霧

 05, 2015 23:20
IMGP3137.jpg
” 川霧燃ゆ ”
PENTAX K-5IIs + SIGMA 18-250mm


先月末の朝練は、木曽川の川霧を撮りに行ってきました。
ここは近くの施設からの暖かい排水が流れ込む支流で、寒い日には霧(というか湯気)が発生し、条件がよければ朝日に輝く川霧風景が見られるという場所です。

これまでも2度行ったことがあるのですが、ほんの少し風があるだけで霧は流れていってしまい、不発に終わっていました。
この日の前日の天気予報で、朝は氷点下に冷え込み、快晴かつ湿度は高めで風は弱いという絶好の条件を示していましたので、約1年ぶりに行ってみました。


IMGP3085.jpg
ポイントに着くと、予想どおりこれまでの2回とは明らかに違う量の川霧が立ちこめていました。
既に5人くらいの方が三脚を据えて日の出を待っておられます。最高のポイントは川の中(!)らしく、皆さん長靴完備。僕は気合いが足りず運動靴で来ていましたので、先輩方の脇からチョロチョロと撮影(^^;


IMGP3098.jpg
日の光が届き始めました。


IMGP3110.jpg
素晴らしい光景です。これが見たかったんですよね〜


IMGP3126.jpg
同じような写真ばかりですみませんが・・・(^^;
川霧の加減で表情を変えます。


IMGP3129.jpg
水面を。


IMGP3139.jpg
視点を変えて。


IMGP3151.jpg
日の光を受けて空気が動き出したのか、だんだんと霧が薄くなってきたところで撤収しました。
車に戻る途中、薄く残った霧と小舟を。


IMGP3166.jpg
奥の方を見ると、シロサギが一羽佇んでいました。


もっとすごい時には河原の方まで霧が流れ出すそうですが、3回目の来訪でここまでの光景に出会えたのはラッキーというべきでしょう。
また条件の良さそうな時にチャレンジしてみたいと思います。今度は長靴も持って(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。